Posts filed under “壺沙の庭”

新芽の季節がやってきた。

長らく続いた冬ですが、ようやく春のおとずれです。

花筏の新芽(ハナイカダ)
花筏

一番楽しい季節です。
こう新芽が、なんというか。
今年もやるぜ! って気概を感じます。

挿し木も最近やってます。

山吹の新芽(ヤマブキ)

庭は超絶に日当たりが悪いので、
強い品種しか成功しません。

他にもいろいろあるのですが、
うまくいったらまた紹介します。

泰山木の新芽(タイサンボク)

去年はこんな感じで葉芽が出ていたタイサンボクも
こんな具合に

写真 タイサンボク
泰山木(タイサンボク)

今年も楽しみです。

 

沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方

好きです。つぼ八。
間違えました沈丁花です。
どうも、さよこの旦那です。

沈丁花(ジンチョウゲ)

古典園芸でも人気の沈丁花。
白派と赤派でアツく語れる沈丁花。
匂いに悶える沈丁花。
やっぱり好きです。つぼ八。
間違えました沈丁花です。

沈丁花(ジンチョウゲ)

実はいただきものでして。
腰くらいの高さのものを2苗。

そこから挿し木して小さく仕立てたものを1苗。
壺沙には計3苗あります。

沈丁花(ジンチョウゲ)

挿し木は意外と簡単ですが、
根の成長がとても遅く、安定するのにとても時間がかかります。
それでも、とても強い植物なのでしっかりと、着実に成長してくれます。

沈丁花(ジンチョウゲ)

花が散るとそこから葉が成長します。
冬に咲く花は貴重です。

沈丁花(ジンチョウゲ)

しかしなんと言いますか。
沈丁花といい夾竹桃といい、葉が細長いやつに惚れやすい私です。

~沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方~
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木
挿し木で簡単に増やせます。
ほぼ日光が当たらない場所でも全然いけます。
というよりも当てないほうが良いんじゃないかと思います。
水は用土が乾いたら。
植え替えだけは根の成長が悪いので注意して下さい。

アボカドの愛でかた。

どうも、アボカド愛好家のさよこの旦那です。
むしろアボカドの旦那と読んでください。
もっと攻撃的に「アボ野郎」とお呼び棄ていただければ幸いです。

 

最近、発芽しまくりのアボカドさんたちを、
お店にお越しいただくお客様へお譲り致しました。
これは私ができる精一杯のアボカド活動(略して「アボ活」)でして
皆様がアボカドに触れ、アボカドを愛し、北山からアボカド化が進行すればいいと、
想いを添えてお譲りをした次第です。

写真

ただ、アボカドを育てるにあたり、
こんなところに注意したほうがいいという
肝心の説明を忘れてました。

 

うっかり!

 

ということで、アボカドの育てかたならぬ愛でかたを紹介させていただきます。

 

一、冬に屋外へ放置すること許さじ。
・アボカドは亜熱帯のメキシコから来たんだよ!

 

一、甚だしき水やりは過ぎたる情なり。
・土が乾く前にあげるのは褒められたことではないね!

 

一、充分な陽光を充分な時間与えるべし。
・日光と友だちさ! 栃木県のことではないから!

IMG_2751-s

 

水はちょっぴり、愛はたっぷり注ぐことで、
なんともいえない魅力を発するアボカドさんです。

 

随時発芽させまくっているので、
またお譲りできるような雰囲気になった際は
お譲りしようと想います。

 

アボカド栽培特別企画「じょにーとでっぷ」

喪うものと得るものと。

泰山木(タイサンボク)の開花
過去にこんな具合で咲いていた泰山木(タイサンボク)ですが

 

taisanboku_kareta

うっかりしてこんなにしてしまった、さよこの旦那です。
北山NO.1の愚か者だと思って下さい。

 

これはかなりショッキング!! だったわけです。
といいますのも、泰山木(英語名:マグノリア)は私の憧れの花でしたので。
なんでかって、大したことではありません。マグノリアという映画が好きなだけです。

 

やはり越冬は、思った以上に難しい。
雪降るし、めちゃくちゃ寒いし、日当たり悪いし。
他にも被害が出た木があったりしますが、それはまた後日紹介致します。

 

さて、ではなぜそんな「枯れた木」を載せるのか。
悪趣味ではないだろうか。

 

否!
taisanboku_wakaba

 

あ! 若葉だ!
IMG_4434-s

生きてるってすばらしい。
それだけで僕は生きている気がするんだ。
だからすばらしい。

 

それはそうと、苔も良い感じだと思いませんか??

壺沙の庭のエトセトラ

20130529niwa_1

 

さよ子の旦那です。
このカテゴリーは私の独壇場の庭ブログですが、
長らく更新してませんでした。
ご無沙汰です。
晩夏→越冬→来春→梅雨とほぼ完全に放置でした。

 

大きな理由として、
・植物との対話に関して、自分がまだ未熟であること
・植物への愛が強く、人に何かを伝える余裕がないこと
・(私の)根が真面目でないこと
以上の3点が挙げられるかと思います。

 

楽しみにしておられた方、すいません。
特に存在を忘れておられた方、がんばります。

 

さて。
では、なぜ今更になって記事を書くかと言いますと
・アボカドが予想以上に育った
・上記の理由によりどなたかへいくつか譲ることにした
・上記の理由により不足の説明を加筆する必要が出てきた。
以上の3点を挙げさせていただきます。

 

ということで、こちらの記事にて、
アボカドの育て方(実践編)を記載させていただきます。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

20130529niwa_2

朝顔の育て方③ 本植→花を愛でる。

朝顔を育てたい。できれば、本気で。
あ、どうもさよ子の旦那です。

全国若干名の壺沙の庭ブロガーの皆様へ
平素よりご拝読賜り深く御礼申し上げます。

おい、このとんちき野郎!
ちょこちょこ更新するとか抜かしてとんと更新しやがらねぇよ!

とモニターに悪態を吐いておられる皆様、お許し下さい。
いやいや、更新したいんですよ。

ただね、植物ありきの記事ですから。
咲いたりなんやらしないと書きようがないのです。

ということで、咲いたんですよ。

何が?

朝顔。
朝顔の開花

おせぇ!!

言うでしょうね。おっしゃるとおり、遅い。
だってもう秋です。遅い。
朝顔の開花2

でも信じて下さい。
この間まで咲いていたんです。
朝顔の開花3

強かったのか、なんなのか。6月に第一陣が咲いてから、延々と咲くわ咲くわ・・・。
しかもすべてこれ同じ鉢から咲いたりしてます。
朝顔の開花4

草花は
あまりやらない
僕ですが
朝顔だけは
ちょっと特別。
朝顔の開花5

ということで今回は咲いた花の自慢話(笑)
次回はもうちょっとまとめまして、来年また咲かせるために僕が学んだことをちょっとだけ紹介します。

朝顔の育て方

アボカドの育て方⑤~茎の成長→それから編~

アボカドの育て方⑤~茎の成長→それから・・・編~

~アボカドの栽培~
第5話『それから・・・』

ジョニーだ。
アボカドの育て方1

みんな、ちょっとご無沙汰だったな。

こいつは、デップ。
アボカドの育て方2

ご存知の通り、相棒だ

そんな俺たちは、旅に出た。
アボカドの育て方3

長い長い人生という名の船旅だ。
アボカドの育て方4

船は案外底抜けで、俺たちは身体に串を刺されたっけ。
アボカドの育て方5

アボカドの育て方5-1
アボカドの育て方5-2

船は馴れれば快適さ。
アボカドの育て方6

容赦なく身体が裂けたことも、今となっては良い思い出だよ。
アボカドの育て方7-1

そのうち、根が生えたりなんかして。
アボカドの育て方7-2
アボカドの育て方7-3

そんなこんなで茎も生えた。
アボカドの育て方7

ここまでくると、やぶれかぶれさ。
アボカドの育て方8

そう、俺達は過去に戻れない
アボカドの育て方1

誰だって、あの頃ってやつをいつまでも大切に抱いているもんさ

でも、過去には戻れない
アボカドの育て方3

戻れないんだ。
アボカドの育て方9
アボカドの育て方10

俺はもう、驚かない。

過去の蓄積が未来を作る

未来を見なきゃ、始まらないさ

そうだろ? でっぷ。
アボカドの育て方11

~アボカドの栽培、ポイント説明 本植編~
えー、驚きの成長っぷりに、私も驚いております。
芽が出てから”あっ”という間の大成長。
気温も上がり、さすがにもう水は危険(根が腐るので)
ということで、土に植えたらあれよあれよの育ちっぷり。

とりあえず第1部は「完」ということで。
ご拝読ありがとうございました!!

・・・ちなみに、でっぷは、というと??
直接お店で確認して下さい。。。

アボカド栽培特別企画「じょにーとでっぷ」

アボカドの育て方④~根の成長→茎の成長編~

アボカドの育て方④~根の成長→茎の成長編~

~アボカドの栽培~

第4話『でにーとじょっぷ。』
アボカドの育て方1

前回の続き
根が伸びた。
アボカドの育て方2

結論から言えば、もう俺は「動じない」
アボカドの育て方3

でっぷも諦めたみてぇだ。
アボカドの育て方4

諦めるのも男の美学。
しかし・・・。
アボカドの育て方5

でっぷはとうとう茎が出てきた。
アボカドの育て方6

俺もあぁなると思うと。。。
アボカドの育て方7

ん? 俺の身体に何かついてる?
アボカドの育て方8

え? どれどれ?
アボカドの育て方9

ギャー!! 俺のほうが成長してるやんけー!!
アボカドの育て方10

~アボカドの栽培、ポイント説明 茎の成長編~
なんと芽が出てくるとぐんぐん成長しております。
しかもでっぷではなく、じょにーのほうが。
大穴当てた気分です。
案外まるまるしている種のほうが、
成長するのに時間がかかる。。。のかどうかは観察が必要です。

~続きは次回☆☆~
アボカドの育て方11

アボカド栽培特別企画「じょにーとでっぷ」

アボカドの育て方③~発芽→根の成長編~

アボカドの育て方③~発芽→根の成長編~

~アボカドの栽培~

第3話『じょっぷとでにー。』
アボカドの育て方1

前回の続き
身体が割れた。
アボカドの育て方2

まったく、次から次へとなんだってんだ。
アボカドの育て方3

相棒のでっぷも今の状況に馴れたみてぇだ。
アボカドの育て方4

串まで刺さって、良いことねぇよな。でっぷ。
アボカドの育て方5

と思ったら、なんで串が4本刺さってんの!?
アボカドの育て方6

え、違うじゃん! それ、根じゃないの!!
アボカドの育て方7

うわ、やっぱり俺もかーい!
アボカドの育て方8

~アボカドの栽培、ポイント説明 根の成長編~
根が着々と進んでおります。
このまま鉢植えに移行したいところですが、
葉っぱが出るまで水耕でやってみようと思います。
土で育てた方がオススメとのことですが。。。
でっぷのほうが成長が早いんだよなぁ。

~続きは次回☆☆~
アボカドの育て方9
アボカド栽培特別企画「じょにーとでっぷ」

蓮ノ花ガ咲キニケリ。

さよ子の旦那です。
前回に引き続き
夏の暑さとともに蓮の葉はぐんぐん伸びていきます。

過去3年のトラウマで、ここから蕾がつくことが想像できない僕ですが。
蓮(ハス)の写真1

いつもどおり水を補給していたら「ハッ」としました。
気づかぬうちに1m50くらいの背丈にまで大成長。
いやー、毎日見ていても気づかないものです。

それからふくふくと蕾は育ち、
蓮(ハス)の写真2

ちょっと開きました。
蓮(ハス)の写真3

これがねー、またもとの蕾に戻るんですよ。
「ふぅ。今日はこれくらいにしといたるわい」
と言わんばかりに。

咲ききるための準備運動でしょうか。
愛らしすぎて困ります。

そして今朝(2012年8月7日“ハナの日”)
蓮(ハス)の写真4

ついに咲いたわけです。
蓮(ハス)の写真5

念願です。嬉しい限りです。
蓮(ハス)の写真6

また良い写真が取れたら紹介します。
次は秋口の手入れですね。これだから園芸はやめられない。

~蓮(ハス)の育て方~
植えたら肥料をやる以外は特になんにも仕事がない蓮です。
が、底の浅い鉢などは水がすぐ渇くので注意が必要。
それと夏場はボウフラが湧きます。
うちは対策で金魚を入れたりしてみましたが・・・。
環境が合うかはやってみないとわかりません。
蓮(ハス)の写真7

蓮に関する他の記事